マッチングアプリ面接体験談

【ペアーズ面接③人目体験談】大手マネージャーのインテリ眼鏡さん/2話




 

今日はペアーズ面接3人目インテリ眼鏡さんの続きのお話です。

 

インテリ眼鏡のプロフィール

  • 大手企業マネージャー
  • 36歳
  • 年収1000-1500万
  • 身長176cm
  • いいね数:約50

前回までのお話⇨【ペアーズ面接③人目】大手マネージャーのインテリ眼鏡さん

2年前に転勤のため、東京から引っ越してきたインテリ眼鏡。
大手企業でマネージャーを勤めるやり手。
美形で性格も良さそう。エスコートの際、背中に手を添えられた瞬間、 謎の嫌悪感が走る。
相手に気に入ってもらえるものの私は恋愛感情が湧かず。
スペックがいいだけに婚活相手としては最適!好きになれたらいいなぁ。

 

 

インテリ眼鏡さんと出会った
マッチングアプリ


初回面接その後…

面接前は淡白なメールのやり取りで、ほとんど連絡を取り合う事はなかったけれど面接後から増えるLINEの連絡。

「次はいつデートしてくれるの?」

スペックがいいだけに婚活中の立場として、気に入ってもらえるのは嬉しいのだが、恋愛感情が湧かないせいかテンションが上がらない。
面倒だとすら思ってしまう。
なんとまぁ人間の感情はコントロールできないものだ。

さらにこの時、面接2人目のハイスペ岩尾と同時進行中。
気持ちはハイスペ岩尾に向いていた為、インテリ眼鏡に会いたいという感情が持てないでいた。

 

既婚者の友人の後押し

結婚してる仲の良い友達曰く、
私なら絶対インテリ眼鏡!!経営者より大手企業の方が安泰!インテリ眼鏡!インテリ眼鏡!!」

この子は、昔から『安定した公務員と結婚したい!』と言い続け、本当に公務員と結婚した安定志向女子。

「まぁ、そりゃそうだよね」
「とりあえずデート行ってこい!ここで断る理由なんてないからね!」
「は、はい・・・」

 

 

次のデート場所の提案

友人の言葉に後押しされ行く事を決意。
大袈裟だなと思われるだろうけど、それくらい興味ない人とのデートが面倒で時間の無駄と感じてしまうくらい苦手なんです。

そして、インテリ眼鏡から次のデートに提案された場所が、なんと『遊園地

いやいやいや、絶対無理。

さすがに恋愛感情が持てない相手と遊園地ではしゃげるほど乙女ではない。
遊園地はさすがにお断りして食事にしてもらった。

「じゃあ◯◯行った事ないって言ってたよね?そこ行こう!」

インテリ眼鏡に指定された場所は、電車で乗り換えして20分はかかる距離の飲み屋街。

 

「め、めんどくせぇ・・・(´Д`;●)」

 

なんでこの人は、わざわざ遠くの場所を指定すんの?
そりゃ好きな人や彼氏となら、色んな場所に行きたいよ。
色んな思い出も作りたいし。
でも、1回会っただけの相手の為に、わざわざ時間と労力かけてまで食事なんて行きたくねぇ。マジで。

これ女子で思ってる子多いと思う。

チカがいつも言ってる事。

女の手を煩わせる男は男じゃない

 

初期段階の内は、相手の女性に労力かけさせない場所にした方が無難ですw

 



当日

電車に乗って駅に5分前に到着。
インテリ眼鏡から連絡が入ります。

「ごめん、会議が長引いて今から会社出る所なんだ!15分くらいかかっちゃうからカフェにでも入ってて!」

まさかの遅刻・・・(´Д`;●)
「分かった、この辺りぷらぷらしてるね」

大丈夫なんだよ。普段は。
全然友達の待ち合わせとか先に着いて待てるタイプ。

だけど婚活相手は別
行きたい場所でもない所にわざわざ時間をかけて来て、さらに友人でも恋人でもない相手に時間取られるのは苦痛でしかない。

ここは飲屋街。
ちょうど良さそうなカフェも見つからず駅周辺をプラプラして時間を潰し、結局20分遅れでインテリ眼鏡が到着。

「ごめんね、遅くなって〜」
「いや、大丈夫だよ」

「じゃあ行こうか」
「初めて来たよ、こういう所」
「色々あって面白いよ」
「そうなんだ、楽しみー(棒読み」

愛想振りまくのが得意な私も、既に作り笑いすら苦痛。
インテリ眼鏡の案内の元、色々なお店を回ります。

流行っているイタリアンを発見。

 

利用店舗

  • 食べログ★3.02
  • ジャンル:イタリアン
  • 予算:¥3,000-3,999

テレビやメディアでも取材を受けた人気店らしい。その割に評価は低いね。
小さめのお店で「THE・安くて美味しいイタリアン」って感じのお店。

でもこれが大当たり。
すっごい美味しかった。純粋にまた行きたいと思った。

 

「すごい美味しいね」
「これもおいしーーー!!」

さすがテレビで紹介されたお店なだけある。
テンションが低かった私も美味しい食事に笑みが溢れます。

そして当たり障りない会話が続きます。
この人ハイスペで顔も良いのに、何で惹かれないか分かった。

話してて楽しくない
会話が全て無難。

食事を終え時間は22時前。
「もう一軒行きたいお店あるから付き合ってよ」
「・・・うん」

飲み屋街をフラフラして、向かった先はbar
先ほどの賑やかな飲み屋とは違い、薄暗くお客さんも少なく、静かな空間です。

インテリ眼鏡はどんどん飲みます。

やっぱりお酒飲める人と、お酒飲めない人って相性悪いよな。
こういう時、片方はお酒飲んで気持ち良くなってるかもだけど、私は飲みたくもないお酒を飲みながら、大して美味しくもないおつまみを食べつつ、さらに面白くないインテリ眼鏡の会話を右から左に聞き流す作業。

全然楽しくねぇ・・・
トリプルパンチでKO寸前のLiLika。

そんな私の気持ちとは反対に、インテリ眼鏡はどんどん表情が柔らかくなっていき、インテリ眼鏡が私の手の甲の上に手を添えてきました

(ひいいいっっ(´Д`;●))

手を引っ込めます。

それでもインテリ眼鏡は諦めません。

だんだん甘えた口調になってきて肩に頭を乗せてくる。
全身に鳥肌が立つ。
(ギャーーー!!(´Д`;●))

「ちょっとー酔っ払いすぎー」と愛想笑いしながらよけます。

体がすごい拒否反応起こす。
何でだろう、こんなに美形なハイスペなのに。
自分でも信じられないくらい生理的に拒否反応が出る。

「好きなんだよ」
「どうしたら付き合ってくれる?」

「いやまだ会って2回目じゃん」
流すのに必死です。

そして次に言い放った言葉に、LiLikaは耳を疑います。

 

 

美男美女限定!婚活サイト

一緒に住もうよ

「へ?」

俺の家で一緒に住も♪同棲しよーよ

 

(・・・は?何言ってんだこの人。)

結婚を考える年齢なのに同棲?

「やだよ、同棲なんてしないよ」
「えーいいじゃん、一緒に住んでよー」

結婚したいのに同棲なんてしたいわけねーだろ。
一気に冷める。(元々冷めてたけど

適当に話を流しつつbarを出て、私は一刻も早く帰りたくて仕方がない。
電車はまだ間に合う時間。駅に向かって早足です。

歩いてると、また手をギュっとつかまれる。

やだ!!!!

全力で振りほどく。
あ、やべ本心出てしまった。

「えーなんでー?」
「付き合ってない人とは手つなぎたくない」

「分かったよーでもちゃんと次も会ってよ?」
「・・・・・・・うん」

駅前のタクシー乗り場を横目に駅まで送ってもらいます。
なんでこの人金持ってるはずなのにタクシー乗せてくれないんだろ。

「改札まで見送るね」
「いや、いいよ」

「いいって見送るよー」
「いや、本当に大丈夫。切符買うから」

「分かったよーじゃあ気をつけて帰ってね」
「へい」

そうしてやっとインテリ眼鏡から解放された。

 

インテリ眼鏡との結末

 

もう言わなくてもわかるよね。

これ以降、インテリ眼鏡の連絡を返す事はなかった。

いくらスペックが良くても、生理的に無理な場合は、本当に無理。
カナコとチカに「もったいない!!!!」って言われまくったけど、生理的に無理な場合は仕方ないよね。

終わり。

 




 

⬇︎1日1クリックで1票入ります⬇︎

BLOG RANKING

ブログ村ランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ